増資について

2006年の会社法改正で日本版LLCとも言われる合同会社の設立が可能になるなど日本でも会社設立の法的ハードルが下がり、起業もしやすい環境になってきています。株式会社についてもかつては設立時に最低1000万円の資本金が必要でしたが、資本金の最低額規定が撤廃され、資本金1円からの株式会社設立が可能になって久しい状況です。こうした1円起業の会社についてもそうですし、すでに一定の資本金を確保しながら運営している株式会社でも資本金の増資については事あるごとに検討する機会が訪れるでしょう。その増資のメリットとデメリットについて考えてみたいと思います。資本金は、そのものが会社の体力を表すバロメーターですから、当然にして可能であれば少しでも多く設定し実際のキャッシュとして持っているに越した事は無いとも言えます。また返済不要の文字通り資金なわけですし、取引銀行や投資家、一般からの信用も当然にして上がります。大手の企業と取引をしようと思えば、ある程度の資本金の増額については具体的に検討した方が良い場面も多いでしょう。つまりメリットとしては、会社を運営する上での中長期的な経営基盤強化や実質的な体力強化になりますし、金融機関や市中からの信用も上がると言う事ができます。会社経営上の不測の自体にも対処しやすくなると言えるでしょう。一方でデメリットもあります。まず考えられるのは、資本金増加に伴い税法上の扱いが変わり、課税の中身が変わってくる可能性がある事です。分かりやすく言えば均等割りの扱いなどで払うべき税金が高くなる可能性があると言うことです。また増資をすると言う事は、自社の株式を持っている株主、特に株式を公開しているような場合は、一般の投資家などの手持ちの株式の価値が相対的に下がるという事を意味しますので、株主への説明が求められる事もあります。その他、経営責任者などの自己資本比率が下がると、他の株主の発言権などが高まる可能性があり、経営の機動性や独立性に影響が出る事もあり得ます。メリットとデメリットをよく考え、その時々の会社の経営上の必要性や利益を勘案し増資を行う必要があるでしょう。

サービス開発の資金を調達するのもあり。

最近ではプログラマーが会社勤めの傍らにアプリ製作でお小遣いを稼ぐ副業が注目されていますが、会社を独立してフリーのプログラマーとして大規模なアプリ開発を行って高収入を稼ぐことを夢見る人も大勢います。
しかしお小遣い程度を稼ぐだけなら、最近ではダウンロード販売の仲介業者も増え始めているためそう言った業者を利用すれば、趣味の延長線上として気軽に個人でアプリを製作して販売することができるのですが、大規模で本格的なアプリ開発を個人で行うとなるとスキルや知識面は経験やノウハウでクリアできても、資金調達の段階で挫折してしまうと言う人が大勢存在するのも事実です。
今までは個人でアプリ開発などを行う場合には、人脈を利用してスポンサーを見つけたりするなどの努力が必要でしたが、最近ではインターネットを活用して簡単に大勢の人から資金提供を受けることが可能になりました。
このようなインターネット上で無数のネットユーザーから資金援助を受ける仕組みのことを、一般的にクラウドファンディングと呼び、特に海外ではこういったクラウドファンディングを有効活用して個人でさまざまな開発を行っている人たちが大勢存在し、実際に大成功を収めたアプリ開発者達もいます。
クラウドファンディングの一番の特徴は、資金提供を行ってくれる人数の多さです。
アプリ開発に対しての資金提供を行ってくれる人数が多ければ多いほど、個人で提供する資金の額が小額ですむため、気軽に各個人が気に入ったアイデアに資金提供できるというのが、このクラウドファンディングがアプリ開発の資金調達方法として注目されている大きな理由のひとつなのです。
もちろん資金提供を受けるためには、魅力的なアプリ開発のアイデアで投資家たちの注目を集める必要がありますが、自分の考えているアイデアに自信のあるプログラマーの方は、夢を実現するためにもクラウドファンディングを資金調達の手段として利用してみると良いでしょう。